interview at open virtual exhibition
インタラクション原理図

0-9save 技術概要(環境音源)を日本VR学会大会で発表します

0-9save 技術概要を,日本バーチャルリアリティ学会大会におけるオープン・バーチャル・エキシビション(OVE)において発表します.

0-9save:環境振動に基づく音波を処理して楽音合成,三澤 太智 (0-9studio)
これまで環境音の音声処理手法は多々あるが,その正確な制御に基づく音階構成,等は困難だった.例えば,既存音楽技術を鑑みれば,その音源は概して電子音源の類(録音再生,アナログ電子音,デジタル電子音,等)だったと思われる.しかし,本手法によると,人間行動でありうる環境を音源として,その振動に基づく音波を処理し,環境由来の生楽音を響かせることができる.その結果,例えば,環境の振る舞いを音楽構成の一部として予定し,文化性(culturality)等の音声成分を抽出してオシレーター(ノコギリ波発振子等)のように演奏する作曲,サウンドデザイン,生楽音のバーチャル演奏,等の展望が開ける.

開催期間: 2020年9月16-18日
OVE登壇時間: 2020年9月17日 17:00-19:00 (0-9studioは17:30頃から)
OVEについて: http://conference.vrsj.org/ac2020/ove.html
OVEプログラム: http://conference.vrsj.org/ac2020/ovesys/list.php?day=2&detail